注文住宅 諸費用

注文住宅を建てる場合に必要な諸費用

注文住宅にかかる費用として、家の本体価格に加え必要に応じては追加費用が発生します。

 

 

家の本体価格はどの建築業者を選ぶかによっても費用は大きく変わってきます。

 

 

住宅メーカーで建てるといっても価格はピンキリです。

 

 

ローコスト系のハウスメーカーだと坪単価は40万円台、50万円台が相場だと言われていますが、大手ハウスメーカーを選ぶと坪単価は70万円台、80万円台が相場になっています。
そして地元の工務店を選ぶと設備や仕様にこだわっても坪単価が50万円もあれば、満足のいく家づくりができると言われています。

 

 

坪単価はあくまで目安ですが、プランや設備や仕様などによっても大きく変動します。

 

 

注文住宅はフルオーダーでつくりあげることができますので、妥協できない部分が沢山あったり、こだわりたい部分が沢山あると価格は高くなりますが、

 

 

なるべく標準仕様のものから選ぶようにすると費用を最低限に抑えることができます。

 

 

そして注文住宅を建てる場合の費用に関してですが、家の本体価格以外にも費用が発生します。

 

 

外構費、諸費用、そして土地を購入して新築する場合は土地代が発生します。

 

 

・外構費
外構、造園工事費、ブロック積み、フェンス、玄関まわりのアプローチ、カーポートなどがありますが、
一般的に建物本体の10%が外構費用の相場だとされていますが、外構にこだわると更に高くなります。

 

 

・諸費用
登記費用、住宅ローンつなぎ融資、確認申請費、屋外の給排水費、火災保険、引越しの費用、家電、家具、カーテン、照明などの費用が必要になってきます。

 

 

・土地代
不動産業者に依頼したときは仲介手数料が必要になってきますが、住宅メーカーが分譲している宅地は直接購入すれば仲介手数料は不必要です。

 

 

また建て替えが必要な場合は解体費が必要になってきますし、地盤改良が必要であれば地盤改良費が必要になってきます。

 

 

地盤改良費はその土地の状態によってもピンキリで、30万円程度ですむ場合もあれば100万円を超える費用が必要なケースもあります。

 

 

建物の本体価格以外に必要な費用として、300万〜500万円程度の金額をプラスして考えておいて下さい。