注文住宅 費用

注文住宅にかかる費用として、家の本体価格に加え必要に応じては追加費用が発生します。

 

 

家の本体価格はどの建築業者を選ぶかによっても費用は大きく変わってきます。

 

 

住宅メーカーで建てるといっても価格はピンキリです。

 

 

ローコスト系のハウスメーカーだと坪単価は40万円台、50万円台が相場だと言われていますが、大手ハウスメーカーを選ぶと坪単価は70万円台、80万円台が相場になっています。
そして地元の工務店を選ぶと設備や仕様にこだわっても坪単価が50万円もあれば、満足のいく家づくりができると言われています。

 

 

坪単価はあくまで目安ですが、プランや設備や仕様などによっても大きく変動します。

 

 

注文住宅はフルオーダーでつくりあげることができますので、妥協できない部分が沢山あったり、こだわりたい部分が沢山あると価格は高くなりますが、

 

 

なるべく標準仕様のものから選ぶようにすると費用を最低限に抑えることができます。

 

 

そして注文住宅を建てる場合の費用に関してですが、家の本体価格以外にも費用が発生します。

 

 

外構費、諸費用、そして土地を購入して新築する場合は土地代が発生します。

 

 

・外構費
外構、造園工事費、ブロック積み、フェンス、玄関まわりのアプローチ、カーポートなどがありますが、
一般的に建物本体の10%が外構費用の相場だとされていますが、外構にこだわると更に高くなります。

 

 

・諸費用
登記費用、住宅ローンつなぎ融資、確認申請費、屋外の給排水費、火災保険、引越しの費用、家電、家具、カーテン、照明などの費用が必要になってきます。

 

 

・土地代
不動産業者に依頼したときは仲介手数料が必要になってきますが、住宅メーカーが分譲している宅地は直接購入すれば仲介手数料は不必要です。

 

 

また建て替えが必要な場合は解体費が必要になってきますし、地盤改良が必要であれば地盤改良費が必要になってきます。

 

 

地盤改良費はその土地の状態によってもピンキリで、30万円程度ですむ場合もあれば100万円を超える費用が必要なケースもあります。

 

 

建物の本体価格以外に必要な費用として、300万〜500万円程度の金額をプラスして考えておいて下さい。

続きを読む≫ 2014/05/27 16:08:27

注文住宅を建てる場合、値引きをどれぐらいしてもらえるのかということを重要視される方もおられます。

 

 

一般的に値引きは価格が決まっているものに成立しますが、

 

 

注文住宅は全てフルオーダーすることができ、注文住宅に定価というものはなく、基本的に値引きはないのです。

 

 

そして注文住宅の場合は打ち合わせを繰り返し行うことで、プラン、設備や仕様、材料などが決まり販売価格が決まっていきますが、価格がはっきりしていない段階から値引きというのはまずあり得ないことです。

 

 

住宅メーカーや工務店の中には大幅な値引きを行い、「今契約してくれるなら、、、」などと言いお得感を強調してくるところもありますが、あらかじめもとの金額に値引き分を上乗せしているため大幅な値引きを行っているようにみせかけているところもあります^^;

 

 

注文住宅には定価というものがなく、その見積もりが妥当なものなのかということはまず判断できないと思いますが、

 

 

信頼のおける住宅メーカーや工務店ほど、見積もりには正当な利益しか含まれていない為、大幅な値引きをしたくても値引きはできないものです。

 

 

ですから注文住宅を建てる場合は、値引きにこだわらない方がいいのです。

 

 

予算内に収まらない場合は、設備や仕様、プランなどを見直し、不要な部分のグレードを下げたり、

 

 

別のメーカーのものに変更するだけでも価格が抑えられることがありますので、優先順位を考えながら予算内に収まるようにもう一度見直してみて下さい。

 

 

また注文住宅を建てる場合、建物の本体価格以外に土地代、外構費、諸費用も必要になってきます。

 

 

値引きにこだわると建物の本体価格は安くしておき、その他の費用を高くとって調整することもありますので、総費用でいくらなのかということもしっかりと把握しておいて下さい。

 

 

※値引きに期待して建築会社を選ぶと、良い家を建てることは困難だと言われています^^;

続きを読む≫ 2014/05/27 16:06:27

注文住宅はどの建築業者を選ぶかによって費用が大きく変わります。

 

 

ハウスメーカーで建てる場合は、ローコスト系のハウスメーカーであっても坪単価は40万円台、50万円台が相場だと言われていますが、

 

 

大手ハウスメーカーだと坪単価は70万円台、80万円台が相場になっています。

 

 

一方、工務店を選ぶとローコスト系のハウスメーカーと同じくらいの価格帯か、それよりも費用を抑えることも可能だと言われています。

 

 

ローコスト系のハウスメーカー、大手ハウスメーカー、工務店で建てる場合の注文住宅の費用の実例をいくつか紹介します。

 

 

 

注文住宅の費用の実例@

 

まずはローコスト系のハウスメーカーといえばタマホームは外せませんが、実際にタマホームで建てられた方の価格を紹介します。

 

約46坪で1600万円弱、坪単価は約35万円を若干切ったくらいだったとの情報があります。
坪単価が35万円ということで、オプションはあまり採用せずに基本的に標準仕様のものの中から選ばれていたのかと思ったのですが、かなりオプションを付けてこの価格だったそうです。

 

どのようなオプションを付けたのか、それ以外の設備などの詳細は記載されていませんが非常に安いという印象を受けます。

 

 

注文住宅の費用の実例A

 

大手ハウスメーカーである積水ハウスで建てられた方の価格です。

 

述べ床40坪、エネファーム、床暖房、ハイウォールバルコニー、ウッドデッキ、ウッドフェンス、パナソニックのキッチン、床材は通常よりグレードアップして、約3700万円だったという情報があります。

 

この坪単価は90万円を超えており、やはり大手ハウスメーカーなので非常に高い印象を受けます。

 

 

注文住宅の費用の実例B

 

地元の工務店で建てられた方の価格です。

 

延べ床33坪(木造在来工法2階建て)で約1500万円。

 

オール電化、窓は全てペアガラス、樹脂サッシ、合併浄化槽、水道加入金、屋外水栓など全て込みの価格との記載があります。

 

ちなみにカーテンやエアコン代は含まれていないそうですが、非常に安いという印象を受けます。

 

 

 

いくつか実例を紹介しましたが、注文住宅の相場に関しては、地域によって坪単価が大きく変動する場合もありますし、

 

 

設備や仕様によっても大きく異なりますので一概に言い切ることはできません^^;

 

 

が、、、一般的には土地代は別で2000万円前後が目安だと言われています。

 

 

 

※注文住宅を建てる場合、建物の本体価格以外に土地代、外構費、諸費用も必要になってきます。

 

 

注文住宅を建てる場合、後々予算オーバーにならないよう家を建てる総費用を事前に把握しておく必要がありますし、

 

 

事前にはっきり予算を伝え、妥協できる部分とできない部分をしっかりと考えた上で設計を進めていく必要があります。

続きを読む≫ 2014/05/27 16:05:27

注文住宅を検討しているけれど、できるだけ費用は抑え節約したいと考えている方も多いと思いますが、

 

 

少しでも費用を抑える為に強引な値引き交渉を行うと、資材などを品質が悪いものに替えられたり、手抜き工事をされたりするのではないかというリスクがあります。

 

 

値引き交渉以外に注文住宅にかかる費用を節約する方法はないのでしょうか。

 

 

注文住宅はあくまでオーダーメイドなので、コツコツと費用を節約する方法はいくつかあります^^

 

 

まず設備や材料を選ぶ際、デザインや性能性を重視されると思いますが、ここでコストを節約することができます。

 

 

近年は設備が非常に充実しており選択肢が増え、商品も多種多様な品揃えで、より理想通りの家づくりができるというメリットもありますが、デメリットとして選ぶものによっては建築の工事費を大幅にアップさせてしまうということがあげられます。

 

 

キッチン、バス、トイレなどは選ぶ機器のオプションによって価格は大きくアップダウンしますし、床材や壁材も選ぶものによって価格は大きく変動します。

 

 

更に玄関のドアも扉の大きさ、デザイン性、機能性によって価格に大きく影響します。

 

 

ひとつひとつの設備や材料の金額のアップがわずかであっても、それが重なると高額な金額のアップに繋がってしまうのです。

 

 

なるべく標準のものの中から選ぶようにするとコツコツと費用を節約していくことはできます。

 

 

そして家の形をシンプルにすることでも価格を抑えることができます。

 

 

デコボコとした形の家より、家の形をシンプルにし四角形にすれば価格が抑えられますので節約するには効果的な方法です。

 

 

またハウスメーカーで注文住宅を建てる場合は基本的に価格は割高傾向にありますので、企画住宅を選ぶという選択肢もあります^^

 

 

その企画内にスペックされているのもを上手く使うことでコストを抑えることができます。

 

 

注文住宅を建てる場合、費用を節約する方法はいくつかありますが、せっかく注文住宅で建てるのにコストばかりを意識していると満足のいかない家になってしまいますので、

 

 

限られた予算の中で、こだわる部分などの優先順位をつけて、満足の得られるコストのかけ方をすることも大切なポイントですよ^^

続きを読む≫ 2014/05/27 16:03:27

注文住宅を建てる場合、後々予算オーバーにならないよう家を建てる総費用を事前に把握しておく必要があります。

 

 

注文住宅を建てる場合の費用の相場はどれぐらいなのでしょうか。

 

 

まず注文住宅を建てる場合、土地を購入して新築する場合に、大きく分けて土地代、建物本体代、外構費、諸費用の4つが必要になってきます。

 

 

@土地代
不動産業者に依頼したときは仲介手数料が必要になってきますが、住宅メーカーが分譲している宅地は直接購入すれば仲介手数料は不必要です。

 

 

A建物本体代
坪単価はあくまで目安ですが設備や仕様などによって大きく変わってきます。

 

 

ハウスメーカーで建てる場合は、ローコスト系のハウスメーカーであっても坪単価は40万円台、50万円台が相場だと言われていますが、大手ハウスメーカーだと坪単価は70万円台、80万円台が相場になっています。

 

 

一方地元の工務店を選ぶと設備や仕様にこだわっても坪単価が50万円もあれば、豪華な家をつくることも可能だと言われています。

 

 

注文住宅に関しては、どの建築業者を選ぶかによって費用が大きく変わるということです。

 

 

B外構費
ブロック積み、フェンス、玄関まわりのアプローチ、カーポートなどがありますが、
一般的に建物本体の10%が外構費用の相場だとされていますが、外構にこだわると更に高くなります。

 

 

C諸費用
登記費用、住宅ローンつなぎ融資、火災保険、引越しの費用、家電、家具などの費用が必要になってきます。

 

 

 

参照:注文住宅 相場

 

 

 

注文住宅の相場に関してですが、地域によって坪単価が大きく変動する場合もありますし、

 

 

設備や仕様によっても大きく異なりますので一概に言い切ることはできませんが、土地代は別で2000万円前後が目安になっているようです。

 

 

ちなみにローンを借りる金額の目安としては年収の5倍までだと言われています。

 

 

目一杯借りると毎月の返済が大変ですから、おおよその総費用を把握し予算に応じて建築が可能な会社を選ばれるといいです。

 

 

複数の会社で本体工事費以外の諸費用を含めた見積書を出してもらい比較した上で最終的に決定されることをお勧めします^^

続きを読む≫ 2014/05/27 16:01:27